TOP 募集要項 インタビュー「正当評価の納得感」編 インタビュー「出世は実力次第」編 インタビュー「高い報酬」編
ケーユー流“実力主義”を体感 仕事もプライベートも、転職後はすべてがプラス!“実力主義”が次への自信に。岸田 学(33歳)2002年中途入社 戸塚営業所 課長代理
 私のキャリアを紹介しますと、入社半年後に主任に昇進し、その後は係長、そして現在では所長というポジションで戸塚営業所全体の責任者を務めさせていただいています。
 一見、トントン拍子で階段を駆け上がってきたように見られる方もいらっしゃいますが、 実はすべてが順風満帆というわけではなく、悩み、苦しんだ時期もありました。 しかし、そんな時でも会社は私を責めたり見離すことは決してなく、じっと静観してくれ ました。恵まれた上司と部下に支えられ、幾つもの壁を乗り越え、成長していくことができました。目標数字を求めつつも、決してギスギスした雰囲気のないチームワークと社員一人ひとりのモチベーションを大事にする職場環境。そんなバックアップがあるからこそ、ケーユーでは“実力主義”が活きてくるのだと思います。
 当社では、「社歴に関係なく努力や業績が確実に結果へと結びつく」ということを強く肌で感じることができます。
 入社6年目。いまでは経済的にも少しゆとりを持てるようになり、家族とのプライベートも大事にできるようになって、またそれが仕事への自信にもつながっています。ケーユーはこれからもっともっと面白くなると確信しています。
KE//YU 中途採用TOPへ
photo1
転職の動機とケーユーへの志望理由、また第一印象は?
A. 自分にとっての憧れの車だった「ベンツ」の営業をやりたいと考えていました。そこで、さらなる向上を目指して転職を決意し、インターネット上で検索したところ、ベンツを販売する会社をグループに持つケーユーにたどりつき、また、ケーユーの本社展示場が有名だったこと、「大企業・安定企業」ということで、即、応募しました。
日々の詳しい仕事内容と役割について教えてください。
A. 私の仕事は、戸塚営業所のさらなる繁栄のためのマネジメントです。日々の業務の進捗状況や結果の確認、そして社員一人ひとりとのコミュニケーションに努めています。仕事の話だけでなく雑談をすることもあるのですが、そんな時こそ社員の悩みや本音を聞けるチャンスも多いので、積極的に雑談できるような雰囲気づくりに心がけています。
photo2
photo3
仕事のやりがい、今までの印象的な出来事は?
A. 実力主義の浸透、収入面でのアップ、そして仕事を任される風土が、やりがいにつながっています。会社員でありながら、経営者感覚で仕事に集中できる点は魅力です。また、先に述べましたが、以前私がスランプに陥った時に会社はじっと見守ってくれていました。だからこそ現在の自分があり、その時の経験を今では部下の育成というもう一つの仕事に大いに役立てています。
これからの目標について教えてください。
A. 戸塚営業所をもっともっと発展させていきたいですね。具体的に言えば、常に目標を達成しながらも残業はゼロ。残業は減ってきていますが、いま以上に仕事とプライベートの両面において充実した、メリハリのある生活を目指し、全員で力を合わせてがんばっていきます。個人的な目標はやはり、さらなる上のポジションを目指したいと思っています。
photo4
photo5
社風や職場環境の特徴、またケーユーの一番の魅力は?
A. お互いに気配りや配慮のある温かい社風であり、月に一度はバーベキュー大会を開催するなどレクリエーション活動も盛んです。ケーユーでは現在、「オンとオフの充実」への取り組みが進行中です。今後、いっそう加速していくでしょう。また、社内リクルート制度を活用すれば、本当に自分にあった適職を選択できるといったことも大きな魅力のひとつです。
これからケーユーを目指す人たちへのメッセージを!
A. 転職には、人それぞれの理由があると思います。大切なのは失敗を恐れずに、「まずはやってみよう!」というやる気と前向きな気持ちです。そしてケーユーは、一人ひとりが「やりがい」を求めて一生懸命頑張れば、必ず夢を実現できる会社です。前職の職務内容やクルマに関する専門知識の有無は一切関係ありません。私たちは積極的な新しい仲間の参加を心から待っています!
photo6
△このページのTOPに戻る
KE//YU 中途採用TOPへ